ブラックジャクによろしく 第 4 巻

4 / 1
  • 語言:日文

「生まれた赤ちゃんは   ダウン症だった・・・」 その双子は4年間不妊治療を続けた結果の、 待望の我が子・・・のはずだった。 突然に障害児の親となった田辺夫婦は、 我が子をこのまま死なせてくれと 斉藤と指導医・高砂に乞うた。 説得できなければそれも仕方ないとする 高砂に斉藤は反発する。 親が我が子の命を決定する それは許される事なのか? 何が親を支配し、 何が高砂にそう思わせる? 新生児科と日本の現実に 斉藤が熱くなる!

    還沒有人寫書評喔,快來寫第一篇書評吧!

會員中心