ブラックジャクによろしく 第 5 巻

3.5 / 2
  • 語言:日文

「日本では欧米で使われている多くの抗がん剤が使えない。」 辻本良江・ある平凡な主婦が永大を受診する。 病名、膵臓がん。斉藤は、小児科を経て、 がんを扱う第4外科へ研修の場を移していた。 辻本さんへの対応を通して斉藤が目にしたものは、そんながん医療の現実。 そして、第4外科に来る前にわずかだけ所属した小児科の現実。 二つの現実が斉藤に教えたのは、 システムの制約の中でしか 医師は腕を振るえない、という事だった。 告知、抗がん剤、転移、再発・・・ がんはあきらめざるを得ない運命なのか。 がんを患い、心をさまよわせる 「普通」の人間たちを前に、斉藤には何ができる? 日本中をうならせる大ヒットリアル医療ドラマ、「がん」を描く!

    還沒有人寫書評喔,快來寫第一篇書評吧!

會員中心