ブラックジャクによろしく 第 6 巻

4 / 1
  • 語言:日文

「この人は何も知らずに死んでいくんだ・・・!!」 「大丈夫」「がんが治った人は、がんと闘った人です」 医師・庄司はのその言葉だけを信じて、 辻本は激しい副作用に耐えていた。 彼女は、自分のがんの完治の確率も治療の選択肢も、 そして医者の言葉の真意も、何も知らない。 現実に苦しむ斉藤を「大人」にしようとする 庄司は、昔話を始める。 なぜ医者は告知を嫌がるのか、 告知の先で患者は何を思うのか、 庄司にそれを教えてくれた患者の昔話を・・・。 これが、この瞬間も日本中で行われている、 日本の「がん治療」だ。

    還沒有人寫書評喔,快來寫第一篇書評吧!

會員中心