ブラックジャクによろしく 第 7 巻

4 / 1
  • 語言:日文

「がん治療に携わる 医者の本音を明かそう」 かつて「理想」の医療にトライした二人の医師は今、形式的な告知しか行わない医師、抗がん剤を一切使わない医師になっていた。 がん患者にとっての幸せを、それぞれの医者が追求しているはずなのに、患者は消して幸せではない。 何も告げられないまま、患者の時間だけが恐ろしい速度で消えていく。 斉藤はそれに黙っていられない!

    還沒有人寫書評喔,快來寫第一篇書評吧!

會員中心